SUGIHARA PAPER

悠久の歴史を誇る和紙

その昔、杉原紙は日本の代表的な紙としてこの国の文化を大きく支えてきました。
兵庫県多可町の北部・杉原谷で生まれたこの和紙は、1300年の歴史ある播磨紙の系統を引くと考えられ、今も古の技を受け継いでいます。
多可町の奥深い谷から湧き出る冷たく澄んだ水と、雪の舞う厳しい気候風土から生まれる和紙は、やさしい白さと温かみのある柔らかさが特徴です。

再建当時の和紙天日干し
再建当時の紙すき

PROCESS

手作業にこだわった伝統製法

杉原紙は手作業による昔ながらの伝統製法で、丁寧につくられた品質の高い和紙です。
その手間暇かけた工程をご紹介します。

川さらし
黒皮とりの工程イラスト
天日干しの杉原紙

EXPERIENCE

和紙づくりの体験

杉原紙の里では、予約制で和紙づくりの体験ができます。あなただけのオリジナル和紙を漉いてみませんか?